nlpプラクティショナーの資格取得|心の均等化するメンタリスト

知財を侵害させないため

講義

知財にあふれている

技術大国である日本では、日々様々な発明や発見などが生まれています。それは、朝のニュース番組の特集で放送される町工場で作れられている物品から、音楽の作詞作曲、そして商売アイディアなど、多種多彩です。それらは、日々世の中の誰かに役立てられているのです。それらによって、開発者は高額な収入を得られているのです。それを知的財産と言い、略して知財と言われています。しかし、時にそれらのアイディアや開発したもの、発明した知財を他の第三者が悪用してしまうトラブルもあるのです。それらを防ぐために、法律で守られるようになっています。それらを、知的財産権といいます。

知財の法律

大まかに分けると、著作権や産業財産権に分けられます。著作権は、いわゆる個人が開発したものに対して発動する法律です。昨今では、有名アーティストが歌う曲の歌詞を他の作詞作曲家が引用して曲を発表したというトラブルもあったほどです。産業財産権は、企業などの団体が開発したものに対して発動する法律です。開発商品や部品、生産技術に関してのものが、他の企業が真似した場合に法的に訴える事が可能になるのです。

セミナーで知識習得

我々の身の回りには、知財のものがあふれているのが現状です。参考にする程度なら問題ありません。しかし、まるまるパクってしまうのは、法律に違反する事になるのです。それらの問題に引っかからないためにも、知財に関する知識を身に付けましょう。知財に関するセミナーなどを利用してでも、知財に関する知識を身に付けましょう。最近では、小学生や中高生などの、子供向けに開かれる知財セミナーも存在するので。親子でセミナー参加するのも悪くありません。